10月、ファン待望の
 「桜コラボver.」が発売!
 最大25%OFF!

お得に入手するにはLINE登録必須!
抽選で豪華商品もプレゼント!
▼  ▼  ▼

\おかげさまで大好評/
愛酒家の皆様からたくさんの
お喜びの声をいただいています。  

前回の先行販売では
合計3,293万円受注しました。

TRUSTED CHECKOUT

メディアでも続々話題に!

お客様の声

正直美味しくないと感じたウイスキーでも、樽に入れるとアルコールの刺々しさがなくなり、スパニッシュオークの香りで深い味わいになりました。

FRANK GALLAGHERS

Customer

熟成前と熟成後のウイスキーは全く別物です。スパニッシュオークフィニッシュをしっかり楽しめました。

FRANK GALLAGHERS

Customer

シェリー酒を入れて、シェリー樽フィニッシュの再現に挑戦中です。自分の樽というだけでロマンを感じます。インテリアとしても、見た目が良いので満足しています。

FRANK GALLAGHERS

Customer

安いウイスキーが何倍もの値段のウイスキーのようになります。 樽自体の価格は高いと思いましたが、効果を考えるとコスパがいいです。

FRANK GALLAGHERS

Customer

樽から直接注ぐ贅沢・・・

Give your Dad the gift of perfectly done steaks

極厚板を使用
細部までこだわった極上品質

Give your Dad the gift of perfectly done steaks

ミニ樽熟成とは

樽熟成がもたらす効果は非常に大きく、ウイスキーの品質の7割は樽熟成の工程で決まるほど。もともとのウイスキーは無色透明の荒々しいお酒なのです。
お手頃なボトルが、驚くほど美味しくグレードアップします。

ウイスキーのみならず、樽熟成焼酎・日本酒なども人気を集めています。

豊かで濃厚な味わいへ

オークの芳醇な香りがお酒に移ります。 また、タンニンやポリフェノールといったオークの成分の溶出により複雑さと深みが出、ワンランク上のお酒に。


雑味が減り、角が取れる

不快に感じる未熟成成分が樽材に吸着され、雑味を減らします。 アルコール臭をきつく感じる場合も、酸化やエステル化反応でまろやかに。 

ミニ樽熟成の醍醐味

❶ 唯一無二の贅沢

どのお酒を何日熟成するかはあなた次第。
樽の効果でウイスキーのブレンド(マリッジ)も楽しめ、自分好みの味わいを探究できます。

樽のサイズや置く環境も熟成影響するため、完成したお酒は唯一無二。まさにプライスレス。

❷ 年月と共に樽が育ち、
より複雑な味わいへ

熟成を重ねるうちにお酒の成分が蓄積され、樽が多様なフレーバーを得ます。

例えば、シェリー酒を入れた後のミニ樽では、果実の甘みを感じるフレーバーを新たにお酒に加わえることができます。

何年もかけて自分好みのフレーバーを持つ樽に育てる過程もお楽しみください。

❸ 変化を楽しめる

樽の中のお酒は常に変化しています。

1週間後のお酒は現在のものとはアルコール度数や味わいが異なります。ミニ樽なら変化の過程を楽しめます。
オリジナル熟成酒を保存して飲み比べてみるのも楽しみ方のひとつ。

お酒の変化を知る、樽熟成のロマンをご体感ください。

❹ 短時間で明白な効果

ミニ樽ではオークとお酒が触れる面積の割合が大きく、大容量の樽と比べ、格段に早く熟成の素晴らしい効果を得ることができます。
1週間で変化をはっきり実感できます。

何ヶ月も待つことなく、風味をグレードアップ。
The story

ウッドフィニッシュも
楽しめる

ウイスキーを通常の熟成後、新たな風味付けをして深みや重厚さを出すために、ワイン樽など違う種類の樽に詰め替える手法です。

最大25%OFFで
10月、先行販売!

お得に入手するにはLINE登録必須!
抽選で豪華商品もプレゼント!
▼  ▼  ▼
LINEに登録

こだわりの極上品質

「樽を育てる楽しみをお届けしたい」
「長く使っていただきたい」
ので細部までこだわりました。



Give your Dad the gift of perfectly done steaks

 希少オーク×桜

濃厚な香りと多くの香味成分を持ち、複雑な味わいをもたらす希少なスパニッシュオーク。

あのマッカランが自社でその森林を保有するほどこだわっていることで有名です。

大半のウイスキーは入手や加工が容易なホワイトオークで熟成されているため、新たな風味を付与できるスパニッシュオークを選定しました。

鏡板には桜を使用。桜の香りも楽しめます。

   18mmの極厚板

熟成する上でのメリットだけでなく、厚みがあることで樽の寿命も長くなります。

このサイズの樽では厚さ10ミリ未満のものが一般的ですが、本商品では大型の樽に近い18ミリを実現しました。
(230Lの大型樽でも20-23mm)

 長期間、木を乾燥

木が十分に乾燥されているかどうかは樽の品質に直結する重要な要素です。乾燥が不十分だと、漏れの原因になったり、樽自体の寿命が縮みます。

最低3年の乾燥期間をとり、丈夫な樽に仕上げています。何年もご愛用いただけます。

 細部まで丁寧な作り

樽作りはほぼ全ての工程が手作業のため、最終的な品質を決めるのは樽職人。
仕事に誇りを持つ経験を積んだ樽職人たちが丁寧に作り上げています。

安価な製品とは一線を画す、細部まで美しい仕上げが自慢です。

 本格焦がし加工

樽は内部を焦がすこと(チャー)で、生木の香りを抑え熟成に適した状態になります。

ミニサイズですが、大型樽と同じ本格製法でチャーリングを行っています。チャーには三段階ありますが、バランスの良い、ミディアム・チャーを施しています。

\ガイドブック付き!/

樽熟成の知識がなくても気軽にチャレンジできるよう、
樽の準備から熟成のアドバイスまで丁寧に解説しました。

樽の管理と熟成の記録もできます。

▶︎ LINEから予約する

選べる3つのサイズ

まずは気軽に
1L

✔︎ 複数の樽でたくさんの種類のお酒を熟成したい方
✔︎ 熟成の効果をより短期間で得たい方

一番オススメ!
2L

✔︎ 味わいの変化を楽しみたい方
✔︎ 週3日以上飲まれる方

本格派の方へ
3L

✔︎ 酒豪の方、飲食店様
✔︎ 大容量の樽に近い熟成効果を得たい方

熟成のステップ

1

使用準備

届いたらすぐに開封し、樽の密閉作業(木を膨張させる作業)を行います。きれいな水を樽から水が漏れなくなるまで入れ続けます。その後水を抜いて1時間ほど置きます。
2

お酒を入れる

使い始めは成分や香り移りが強くなりがちなので、安価な焼酎等がおすすめです。お酒の種類を変えるときも、樽は洗浄不要です。
3

変化をお楽しみください

数日で変化が現れます。推奨の熟成期間を参考に好みの熟成具合を探求してください。

お客様へ

代表の私は昔、焼酎だけがどうしても苦手でしたが、樽熟成焼酎を初めて飲んだ際、味の複雑さ、風味の豊かさ、口当たりのまろやかさに感激し、焼酎の魅力に気付きました。たくさんの方に樽熟成の素晴らしさを体験して頂きたいと思っています。

30近い樽メーカーを比較し、ウクライナの実績ある樽メーカー様に協力いただくこととなりました。 品質に妥協しなかった分、コスパ重視のメーカーと比較すると4倍近くの製造原価になりましたが、樽を育てる楽しみをお届けしたい、長く使って頂きたいという想いは譲れませんでした。

 価格に見合う極上品質のミニ樽。 ぜひお手に取って頂き、ご自宅で心ゆくまで樽熟成をお楽しみいただければ幸いです。

FAQ

It is a long established fact that a reader will be distracted
  1. 使用上の注意点は。
    中身は常に90%以上を保つ必要があり、樽を空にして保管することはできません。(保存用のタブレットを販売中)蛇口からわずかに滴ることがございますが、仕様となります。
  2. どのくらいの期間使えるのか。
    TARU HOLICの樽は、通常の樽と同じ構造・工程で作られています。厚みも大きいため、大容量の樽(平均寿命70年)ほどではないにしろ、十分に長くお使いいただける品質です。
  3. どんなお酒でも熟成できるのか。
    アルコール度数にかかわらず法律上は熟成可能です。日本酒なども自己責任のもとで熟成をお楽しみいただけます。なお、アルコール度数が低いため腐敗や劣化には十分ご注意ください。長期熟成はできません。最大でも1週間程度としてください。
  4. どのくらいの期間熟成させるのか。
    サイズにより異なります。 推奨熟成期間は以下の通りです。
    1L:〜2週間
    2L:1〜3週間
    3L:2〜4週間 ​
    これを大幅に超えると逆に風味が落ちる場合があります。
  5. 大容量の樽と同じように熟成できるのか。
    小さい樽では、大容量の樽と比較しお酒と樽材の触れる面積の割合が大きくなります。
    香り移りや木の成分の溶出は早くなりますが、家庭の環境下では温度と湿度のコントロールが困難です。
    したがって、長期熟成の再現というよりは、「追熟」という形でお楽しみいただくことがミニ樽熟成の醍醐味です。
  6. 理想の熟成環境とはどのようなものか。
    ・空気の流れがある場所は避ける。(エアコンの風が当たる等)​
    ・紫外線や日光の当たらない暗所に置く。​
    ・室温は13-18℃、湿度は60-70%。​(冬場は特に加湿器の使用をご検討ください)